三津石智巳

👦🏻👦🏻👶🏻 Father of 3 | 🗺️ Optimistic Engineering Manager at Rakuten Travel | 📚 Avid Reader | 👍 Potato Chips | 👍 Caffe Latte | 👍 Owarai

【感想】はじめて出会う会計学〔第3版〕

資産と費用で検索して見つけた。

会計のさまざまな用途から、会計の目的は以下の2つに整理することができるだろうという理屈ないし理論が考え出されました。

  1. 情報提供目的
  2. 利害調整目的
pp. 9-10

企業内の予算編成は、2の目的が強いのではないか。

デュー・プロセス

p. 36

民間機関がルールを決める際に中立性を確保する1手法

  1. 論点整理の公表
  2. 公開素案の公表
  3. 企業会計基準等の公表

代替的会計処理の選択範囲を幅広く認めるIASのアプローチに懸念を表明したIOSCOは、そうしたオプションを可能な限り削減することによってこそ、強制力を認めることができる水準の会計基準の品質が保証されると考えていた。

p. 39

共感する。

会計を研究する意味は、正しい計算方法を追求するってことではないと思うよ。たかだか羊羹の切り分けでしかないことに、立派な経営者たちが夢中になっている、その理由をハッキリさせることだと僕は考えているんだ

p. 60

これはすごい!真理を追求するのではなく、虚構と人間の関係性を追求するという。また、「社会心理学講義」読みたくなってきた。

「会計のツボは配分計算である」ということが、本書が伝えたい第一のメッセージです。

p. 61

いくつか会計の本を読んできたつもりだったが非常に新鮮な考え方だ。デザートを先に食べるか後に食べるかという話である以上、究極的には正しさの問題ではなく、好き嫌いの問題である。好き嫌いの問題に対しては、価値観を全面に説明することが大事だと思う。また、楠木建氏の「好き嫌い」シリーズを読みたくなってきた。

投資額と回収額がわかれば利益は計算できますが、会計専門家はそれだけでは満足しません。彼らは、利益は利益でも、それが「いつの」利益なのかを問題にするのです。

p. 71

「会計専門家」は困ったさんだな。

企業も収支報告だけの会計で済むなら随分楽がてきるはずなのに、手間隙かけて利益を求めることに果たして価値があるのでしょうか。

p. 276

ここが私が一番わかってない疑問かもしれない。

幸い、この朱の実証研究では、利益データのほうが収支データよりも、株価データとの関連性が強いという結果がおおむね得られているようです。

それでも、このことをもって利益が投資家にとって価値ある情報であることが立証されたとまで結論づけることはできません。

p. 276

利益を計算する意味がゼロではないと言えそう。

会計情報のうち経営者が操作可能な部分について、なぜ操作が行われるのかを明らかにしようとする研究もある。

経営者が操作した情報が与える影響について明らかにしようとする研究もある。

p. 282

なるほど。

後のことは忘れてしまっても構いませんから、以下の3点だけ、脳に刻みつけておいてください。これさえ頭に入っていれば、会計に関するたいがいのことは、あとは想像力でなんとか理解できると思います。

  • 会計は成績である。
  • 会計は配分である。
  • 会計はルールである。
p. 310

この割り切りは好きだ。

【感想】eCommerce in the Cloud

10章を読む。

"Historically, ecommerce platforms have been designed for the best possible availability, usually just within a single data center. This focus on availability has precedence: retail point-of-sale systems. Most point-of-sale systems have two or more unique methods of connecting back to the home office to perform critical functions such as charging credit cards and issuing returns."

 

via Check out this quote from eCommerce in the Cloud - https://learning.oreilly.com/library/view/-/9781491946626/ch10.html

IT以前から、commerce領域では可用性を優先するという考え方があった。

"Avoid the temptation to replicate configuration, whether it happens to be in a database or a filesystem. It makes logical sense to replicate everything, but keep in mind that most outages are caused by the introduction of bad configuration. If you replicate configuration, you just replicate the problem. This is exactly the reason you don’t deploy code to two or more data centers simultaneously. Wait to see how it works out and then deploy it elsewhere. The same applies for configuration."

 

via Check out this quote from eCommerce in the Cloud - https://learning.oreilly.com/library/view/-/9781491946626/ch10.html

データセンターごとにconfigを変更できる必要がある。

"GSLB amounts to very intelligent DNS that can pick the optimal data center for a given customer. "

 

via Check out this quote from eCommerce in the Cloud - https://learning.oreilly.com/library/view/-/9781491946626/ch10.html

GSLBは高機能DNSDNSTTLについて、100%理解したい。

  • Active/passive
  • Active/active application tiers, active/passive database tiers
  • Active/active application tiers, mostly active/active database tiers
  • Full active/active
  • Stateless frontends, stateful backends

いくつかパターンがある。

 

 

  • Caching entire pages
  • Overlaying HTML on cached pages
  • Using Content Delivery Networks to insert HTML
  • Overlaying HTML on the server side Frontend 
  • Fully decoupled frontends and backends
  • Everything but database in the cloud

hybrid cloudについての言及

【感想】Tune Software Development for Rate of Change, not Rate of Progress


Kent Beck氏のブログ。

Start by believing that there will be enough. Enough engineering. Enough design. Enough customers. Enough revenue. Adapt the software development system to the actual rate of change you observe in the world. Reduce latency. Reduce variance. Install inhibiting loops.

 

You’ll get more done. The ironic result of ignoring throughput is that throughput increases. You’ll spend more time working on what matters. You’ll learn more.

無限の資源があるという前提にたって意思決定をせよ、さすれば有限資源のを最も有効活用することができ、スループットも上がるとのアドバイス

ここだけ読むと本当か?と正直思う。経済学を真っ向から否定してしまわないか?とはいえKent Beck氏は経済学もかなり思想のベースになっているはず。

おそらく単純に局所最適ではなく、全体最適を狙いましょうということが言いたいだけだと思います。

【感想】租税法における人体パーツの取扱いについての序論的考察(PDF/1,397KB)

https://www.nta.go.jp/about/organization/ntc/kenkyu/journal/saisin/0022006001_suminaga.pdf
何やらおどろおどろしいタイトルで目を引いたので読む。

論文中ではいくつか判例が示されており、血漿を売って得た金銭に対してどのようき税金がかかるのかということが論点になっている。

【感想】エンジニアリングの真髄―なぜ科学だけでは地球規模の危機を解決できないのか


「エンジニアリング」で見つけた。

科学は「知る」が仕事、エンジニアリングは「やる」が仕事だ。

p. 28

なるほど。

あとは各章の最後の段落だけ読んだ。