三津石智巳

多摩区で5歳👦3歳👦1歳👧の育児、二子玉川で旅行APIの開発をしています。趣味は図書館でどっさり本を借りること、好きな物は明治のグミ・サイゼのオリーブオイル・座王です。

「Unit Testing Principles, Practices, and Patterns」感想

ユニットテストがソフトウェアの品質をあげるのは科学的根拠にもとづいていると勝手に思っていたが、そのようなファクトは見つけることができなかった。そんなことを考えていたらこの本を見つけた。 "Interestingly enough, once you establish such first p…

「観光客・留学生・地球規模の労働者」感想

旅行APIを開発する身として「ホモ・モビリタス」について調べる中でたまたま見つけた本。初めの印象以上に新しい本だった。そして、めちゃくちゃ面白い。そもそも、人的移動という一点がこれほど学術的に広大に広がっていることを私は知らなかった。それを知…

「Software Estimation Without Guessing」感想

読みたかった本がO'Reillyに追加されたので読む。 "The plan-driven bookkeeping hides these iterative cycles performed in the “wrong phase” of the life cycle, or it calls them errors. I call them reality." via Check out this quote from Softwar…

上等で上質な仕事

上等で上質な仕事だ。こういう仕事をしていたい。

科学的根拠にもとづくのはなぜか

民主主義における意思決定のためなのではないかという気がしてきている。民主主義政治以外の例えば企業における意思決定は必ずしも科学的根拠にもとづいている必要性はないのではないか。

「「問題から目を背けず取り組む」 一休の開発チームが6年間で学んだこと」感想

これは本当に勉強になった。 一言でまとめるとすれば、無力感を感じながらも自分の頭で考え続けるということにつきると思う。 ではどうすればいいかと言えば、 人・本・旅で学び続ける。 データ・ファクト・ロジックで考え続ける。 チームを作る。 に尽きる…

「Disk space is cheap... - Kimberly L. Tripp」感想

インデックスについて勉強するのは面白い。 ところで、エンジニアリングマネージャーになって良かったと思うことは、技術的な問題の技術的な解決策からさらに、組織的な解決策まで考え実行できるところにある。 今回の記事でいえば、クラスター化インデック…

「UUIDs are Popular, but Bad for Performance」感想

近頃インデックスの勉強をしている。この記事では、主キーにUUIDを使うケースで注意すべき点がいくつか書いてある。 索引構成表を使っているか UUIDのサイズ UUIDのランダム性

「Toyota Production System」感想

https://learning.oreilly.com/library/view/toyota-production-system/9781000056488/ 英訳も古い本なのだが、なぜか新着にあらわれたので読んでみた。 "It took 10 years to establish kanban at the Toyota Motor Company. Although it sounds like a lon…

「Software Project Estimation: Intelligent Forecasting, Project Control, and Client Relationship Management」感想

title:project forecastで検索して読む。 "It is 2019! Yet estimation and forecasting in the software development industry are still considered mystifying at best, and an archaic and obsolete concept at worst." via Check out this quote from S…

上海・大連の感想

上海 本当にどこでもアリペイが使えた Google Mapはあまり使えなかったので、雰囲気で百度マップを使っていた 地下鉄は一回利用の上海公共交通カードがアリペイで買えて使えて無駄なく返却できて便利だった 結局現金は1円たりとも両替しないままだった 滞在…

「なぜ必要なものを必要な分だけ必要なときに提供しないのか―トヨタ生産方式から経営システムへ」感想

ゴールドラットの本で参照されていたので読んだ。 憎っくき大野生産方式 p. 191 かのトヨタ生産方式も、20年近くに渡り生産現場からの拒絶反応があり、上記引用のような言われようだったそう。それに対応するには「狂気」が必要と大野は言う。

「楽天流」感想

久しぶりに読み返してみようかという気持ちになった。本書自体はやはり久しぶりだったこともあって小さい発見がいくつもあった。それは良いことだ。 ところで、別の文脈で"growth to goodness model"問題というのをずっと考えている。これは特に発達心理学の…

「ソフトウェア工学温故知新 : 1.ソフトウェア工学の40年」感想

ソフトウェアについても歴史というか古典を学ぶべきだろうと常々思っていて、色々勉強をしている。その中で見つけたのがこの資料になる。 この記事を読んでいて改めて気づいたことは、私はソフトウェア工学を現場に適用したいという思いが、おそらく人より強…

「Chapter 11: Change Coupling Between Software Artifacts: Learning from Past Changes - The Art and Science of Analyzing Software Data」感想

connascenceという概念を知って勉強している。O'Reillyで見つけたこの本はソフトウェアのデータ解析が色々読めて面白い。 Change Coupling Between Software Artifacts この論文のタイトルがそもそも私の興味にバッチリハマる。 "Over the years, researcher…

「人事制度の日米比較―成果主義とアメリカの現実」感想

「役割等級制度」でGoogle Booksを検索していて見つけたと思う。 市場的指標は組織の成員の行動を直接に規定できない。行っている業務の違い、責任の範囲や大きさの違い、つまり権限や能力による秩序が、市場的指標と成員の行動の間に挟まっているからである…

採用マーケティングファネル

ハーバードビジネスレビューを読んでいて見つけた。 「採用学」で定義されていたフレームワークをより詳細化したものと言えそうだ。 募集→選抜→定着というフレームワーク 「採用学」感想 - 三津石智巳 しかし全体に目を配るのは難しいな。

「知的創造の現場―プロジェクトハウスが組織と人を変革する」感想

を読んで知る。席替えをする時にもこれを知っていると知らないとでは大違いだと思う。

「Righting Softwar」感想

O'Reillyの新着から見つけて読む。 "I suspect the real reason is that the knowledge of how to design and develop software systems is slowly fading from within the development ranks." via Check out this quote from Righting Software - https://…

「Why Feedback Rarely Does What It’s Meant To」感想

ハーバード・ビジネス・レビューを読んで原文も読んでみた。総じて、過激な表現の割には当たり前の内容にも思える。 In other words, each brain grows most where it’s already strongest. See More: http://lnr.li/EyNaS 強みを伸ばす、ストレングスファイ…

「Skills are overrated」感想

等級制度でいうところの職務から職能(役割)への揺り戻しの話。おそらく日本以外では、この揺り戻しのタイミングがずれているんだろうと予想している。科挙の時代から理想像のモデル化は変わっていない。

「上司にするなら誰がいい」

著者は、「上司にするなら誰がいい」という問いに対して私が具体名を上げることができる唯一の人である。 See More: http://lnr.li/EwYbG むちゃくちゃ高い目標なのは承知の上で私もこうなりたいと思う。

「Refactoring: Improving the Design of Existing Code」感想

"I believe, however, that we can go beyond taste and say that the true test of good code is how easy it is to change it." via Check out this quote from Refactoring: Improving the Design of Existing Code - https://learning.oreilly.com/libra…

「Accelerate」感想

スピード!!スピード!!スピード!!ですから読む。 "We hope that as you read this book you discover, as a technologist and technology leader, the essential components to making your organization better—starting with software delivery." via Check…

「Technology Strategy Patterns」感想

適当に予言しておくと2020年に翻訳書が出ると思う。 "The first is to help architects, product managers, and executives at technology companies or in technology organizations who are charged with producing technology strategies." via Check out…

「SHAPE UP」感想

オススメされて読む。 Our focus is at a higher level. We say to ourselves ourselves: “If this project ships after six weeks, we’ll be really happy. We’ll feel our time was well spent.” Then we commit the six weeks and leave the team alone t…

「Practical API Design」感想

"“APIs are like stars; once introduced, they stay with us forever.”" via Check out this quote from Practical API Design - https://learning.oreilly.com/library/view/practical-api-design/9781430209737/9781430209737_FM_7_Preface.xhtml かっこ…

「ソフトウェア工学の勧め」感想

ISOを調べてたら見つけて買った。 ソフトウェア工学とは「間違いばかりを犯している不完全な人間が、本来は完全であるべきソフトウェアをどのようにすれば開発し、維持することができるのかを追究するもの」であると考えている。 不完全な人間というところが…

「Hire With Your Head」感想

Lou Adlerの本をもう一冊読みたくなったので。 "One thing I did learn was that hiring great talent is the key to a manager’s career progression. I also found out that being a headhunter and helping other managers hire great people was a far m…

「「誠実さ」こそが最大の武器である」感想

この連載が結構面白い。 1. 知らない人とすぐ話ができる 2. 人が快適で幸せかどうか気にかかる 3. 芸術・文学・音楽の制作活動をやっている 4. かなり前から準備をする 5. 落ち込んだり憂鬱になったりする 6. パーティや社交イベントを企画する 7. 人を侮辱…